2020年5月29日金曜日

野菜を植えたよ

 
【YMCAとつか保育園 野菜作りのご報告】 
 初夏を感じさせる気候となり、食育の一つとして子どもたちと野菜作りを始めました。
 
  乳児クラスは、毎日遊んでいるテラスで、いつでも成長が見れるようプランターに植え ました。
暑さで準備していた野菜が元気がなくなってしまい「早く元気にしてあげよう」と、急いでプランターに植えました。
 


 
 「大きくなってね」と心を込めて、たっぷりお水をあげました。

 園庭の畑は、去年も野菜作りをして、続けて使ってしまうと野菜が元気に育たないので、職員の近藤さんが土に栄養を混ぜて耕してくださいました。


「なすの茎は、どうして紫なの?」「なすが紫色だからだよ」と、苗の様子をよく観察しながら植えました。
 
 日々、野菜のお世話をするなかで、花が咲きそうな様子や実がなるところに気づいたりして、野菜が成長する喜びを感じていきたいと思っています。
 
【YMCAとつか保育園 宮下 紗緒理】
 

2020年5月27日水曜日

ZOOMでつながろう!

YMCAとつか保育園 【ZOOM配信のご報告】

 コロナウイルスの影響で、お家で過ごしている皆さんと繋がろうという思いでとつか保育園でもZOOM配信を行っています。本日4回目の配信でした。
 今回は動物やキャラクターのシルエットクイズを行った後、ミツル&りょうたの「昆虫太極拳」を、画面越しに保育者と子どもたちと一緒に踊って楽しみました。

               保育者もノリノリです。

今日も皆さんの元気な顔が見られて私たちも嬉しかったです。

29日(金)10:00~5回目のZOOM配信を行います。


                          とつか保育園 高橋 佳苗

2020年5月26日火曜日

不思議だね~

YMCAとつか乳児保育園 バケツ稲の代掻きのご報告】

5月20日(水)にワクワクしながら、届いた箱を開けると、、いつも給食で食べているお米を作ってくれている山ちゃんから、田んぼの土と稲が2種類(大粒米 うらら、黒米 朝紫)入っていました。


バケツに入れた田んぼの土にお水を注ぐと、、
見た目は変わらない!?
ぷくっと何かが動いてる!?
ふんわりと小さなお山が出来たね!


真剣なんです。

一言もしゃべりません。


「ビー玉!」と
大人は子どもの感性に脱帽です。キラッと光る丸が土の中から生まれてくるようでした。

不思議をじっと観察した後は、代掻きの始まりです。バケツではうまく混ざらないので、ちょうど広くて良い外遊び用の寿司桶を見つけました!二人で仲良く、足踏みです。

足元のトロッとした感じ、、写真で伝わりますか?

最後に田植えです!
奥ではまだまだ代掻き中ですね

優しく持って、、


今年も岐阜の山ちゃんの愛情たっぷりの稲を、遠く離れた戸塚の園庭で、乳児保育園のみんなで見守り育てます。これから、どう生長するか?不思議なことは、まだまだありそうですね。
神さまが与えてくださった自然の恵みに感謝して、これからの長雨の梅雨、日照りの夏は、稲を大きくしてくれることと思います。子どもたちとともに、四季を感じて過ごしていきたいです。
今後のご報告もお楽しみに!

                           とつか乳児保育園 山田

2020年5月25日月曜日

保育士の手作りおもちゃ紹介②

YMCAとつか保育園 保育士の手作りおもちゃ紹介】


新型コロナウィルスによる影響で、お散歩に出掛けることが難しい状況が続いていますが、
今回も、おうちで作って遊べる手作りおもちゃを紹介したいと思います。



牛乳パックを使って簡単に作ることが出来るパズルです。お子さんの好きなキャラクターを書いて作ると喜んで遊んでくれます。

牛乳パックパズル


おままごとに興味を持ち始めた乳児さんには大人気!!

様々な色の布・フェルトを色々なサイズに切って用意しておくことで、たまご、お野菜、お肉などに見立てて遊ぶことが出来ます。

おままごと


手先を使った遊びが好きな乳児さん。
パッチン、パッチン集中して遊んでいる子の様子が保育園でも見られます。

パッチンつなぎ


牛乳パックなどの廃材を子どもに渡すだけでも、大人が思いつかない遊びを考えて遊んでいる姿に私たち保育者も驚かされることがあります。
テレワークなどでお忙しい時は、色々な廃材を用意して渡すだけでも楽しい遊びを子どもが発見する喜びを感じられるかもしれませんね。


まだまだ紹介できていない手作りおもちゃはたくさんあります。
今後もおうちでも作って遊べる手作りおもちゃを紹介していきたいと思います。



YMCAとつか保育園 染谷

2020年5月18日月曜日

素敵な花いっぱい

YMCAとつか乳児保育園 花の日礼拝のご報告 】

5月12日(火)に花の日礼拝を行いました。
園庭に咲いているお花や職員が持ってきたお花をたくさんの花瓶に入れて、子どもたちと囲みました。色んな形、色とりどりのお花が並び、気持ちがほころびました。

お花のみるみるシアター


身近な花を“みるみるシアター”で楽しむと、花の名前や花の色「チューリップ」「赤!」と子どもたちから答える子どもたち。散歩しているときに見ているのだなぁと感じました。
色々なお花を見るたびに心がおだやかな気持ちになりますね。色々なお花があって、どんなお花も素敵なところがあります。

おはながわらったのペープサートを楽しみました
給食さんにありがとう
子どもたちの成長やみなさまに見守れていることに感謝し、これからも神様に愛さる日々でありますように…。そして、お家で過ごしている子どもたちやご家族、お仕事をされている保護者のみなさまのこともお祈りしました。
お花を通して生命の大切さや美しさ、神様に守られ愛を感じる機会となりました。
とつか乳児保育園 宮尾

2020年5月13日水曜日

ありがとうを伝える花の日礼拝でした。

YMCAとつか保育園 【花の日礼拝のご報告】

5月12日(火)に花の日礼拝を行いました。
いい香りのする色とりどりの花を目の前に自然と心が優しくなり、笑顔がこぼれました。
「この世界のお花も、私たちみんなも神さまが作ってくださった。花の日は神さまやみんなを見守ってくれる人たちに‘‘ありがとう”を伝える日なんだよ。」と園長先生からお話をしてもらいました。

お話の最後に「みんなのありがとうの種を貰って空っぽの鉢に花を咲かせるね。」と園長先生がありがとうの気持ちを植えて可愛い花を咲かせました。


いつも子どもたちを優しく見守ってくださる地域の皆様。
子どもたちが毎日元気に過ごせるように愛情いっぱいに接してくださるお家の方々。
私たちの身体を作ってくれる食材。
私たちが普段元気に楽しく過ごせているのはたくさんの人や物に支えられているからです。
保育園の子どもたち、職員と共に皆様に大きなありがとうをお伝えしたいと思います。

  「いつもありがとうございます。」
 
これからも感謝の気持ちを忘れずに過ごしていきたいと思います。
お家でもお子さんと一緒に感謝する気持ちの大切さを考える機会を持てるといいですね。

                        YMCAとつか保育園 高橋 佳苗

2020年4月30日木曜日

保育士の手作りおもちゃ紹介

YMCAとつか保育園 【保育士の作ったおもちゃのご報告】

外遊びをする機会が少なくなってしまった今、おうちでも作って遊べる手作りおもちゃを紹介したいと思います。
「ペットボトルマラカス」

飲むヨーグルトやペットボトルに大きめのビーズやストローを切ったもの、小さい鈴などを入れて、ふたを閉めます。(ふたはボンドでとめると開けられなくなるので中身が出なくて安心です。)

保育園の0歳児(ことりぐみ)はシャカシャカという音やペットボトルの中で動くビーズを見て楽しんでいます。

1,2歳児(うさぎぐみ、りすぐみ)は音を楽しむのはもちろん、おままごとの中で塩コショウに見立てて料理を楽しむ子もいました。


作る時に「何を入れようか?」など子どもと一緒に作るとより楽しめると思います。
今後もおうちでも作って遊べる手作りおもちゃを紹介していきたいと思います。


                       YMCAとつか保育園 高橋 佳苗